2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
SEO
TOMCAT SYSTEM

« やはり、お昼寝に枕ははずせない by ぷりん | トップページ | ママが帰ってくるのを玄関で待つ二人 »

2007年10月 4日 (木)

報恩講

 相変わらずぐぅたらとした更新が続く、本ブログ。ぷりんも聖も元気なので、ご心配なく(誰に言っている?)

 先日地域のお寺のイベント(行事か?)、報恩講が実家で行われ、私も長男だから出なさいと強引に参加させられた。

 報恩講とは、

●親鸞(しんらん)聖人の徳に報います

 報恩講は浄土真宗門徒(信徒)にとって、一年中でもっとも大切で、親しみ深い行事です。浄土真宗の御教えを明らかにしてくださった宗祖・親鸞聖人の法要だからです。

 聖人は弘長2年(1262年)11月28日、90歳の生涯を京都でとじられました。そして聖人ののこされた徳をしのんで、毎月28日に門徒たちによって、お念仏の集まりが行われるようになりました。これがさらに大きく広がって、本願寺第三世の覚如上人によって法会(ほうえ)の基本となる形ができあがりました。

 そしてこの法会の集まりを「講」というようになりました。聖人のご恩に報い、お念仏を一層ありがたく味あわせていただこうということから「報恩講」と呼ばれるようになったのです。

●本山とご家庭のおつとめ

 おつとめの期間は、東本願寺(真宗大谷派本山)では11月21日~28日までの8日間、西本願寺では1月9日~16日(新暦にあらためた日程)までつとめられます。

 さらにこの期間と前後して、お寺を中心に一般の家庭でもおつとめをします。大阪、京都など本山に近いところにお住まいの門徒様のご家庭では、あまり報恩講を行いませんが、ぜひおつとめいただきたいものです。

 おつとめは特別むつかしくはありません。秋から冬にかけて家族そろっておつとめできる日にご住職におまいりいただき、正信偈(しょうしんげ)《聖人が示された浄土真宗のもっとも大切な教えが説かれたもの》をあげましょう。この時のお仏壇の荘厳(しょうごん)《お飾り》は、ローソクは赤、打敷(うちしき)は金襴などのあざやかなものにします。

ということらしい。(http://www.echizenya.co.jp/mini/colum/houonko.htmより)


 我が家が門徒になっているお寺さんでは、地域でこういった催しを行った後、お寺そのものでも行うという、地方ならではのほのぼのとした行事が残っているし、それに参加する門徒さんもとても多い。(本当に都市部では行わないだろうねぇ・・・)

 私は別に宗教家という訳ではないが、こういった催しは割と参加する方だと思う。というのも、親鸞さんを信じるかどうかはともかく、何か信じるもの、大いなるものを心に秘めておいた方がいざというときに踏ん張れると思っているからだ。まぁ、これも新興宗教のようだと勘違いされちゃうと困っちゃうんだけどね。

« やはり、お昼寝に枕ははずせない by ぷりん | トップページ | ママが帰ってくるのを玄関で待つ二人 »

ファミリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報恩講:

» アイドル 画像 [アイドル 画像]
アイドル 画像 [続きを読む]

« やはり、お昼寝に枕ははずせない by ぷりん | トップページ | ママが帰ってくるのを玄関で待つ二人 »