2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
SEO
TOMCAT SYSTEM

« とうとう聖(さんた)もうちに来て6年になった | トップページ | パンパカパ~ン! »

2008年12月11日 (木)

ぷりんの手術は成功

Dsc00313 ぷりんの手術は、実は3回目。1度目は避妊手術。2度目は1度目の避妊手術がうまくいかなかったための、再手術。犬の場合、子供を産ませないのであれば、どうしても早めに子宮をとっておかないと、子宮内膜症などの病気になる確率が増大するらしい。それが癌になったりするらしいので、早めの方がよいわけです。

 そして今回は右足にできたしこり。

 脂肪のかたまりみたいに、そのうち消えてしまったり、膿のように出てしまえば問題ないらしいんだけど、右足にできたままのしこりがちょー気になった女房殿。意を決して手術してとってもらうことになった。

 悪いモノだったら大変だからね。

 見た限りではきれいなものだったらしいが、念のために検査に送ってもらう。その結果はまだ出ていないものの、手術そのものは成功だったとのこと。ほっと一安心だ。

 病院ではずっと泣き続けていたらしいぷりんは、女房殿の顔を見たとたんにダッシュしてだっこされた(このだかれっぷりがいいんですよ、このこは)。

 そして車で帰り道にある公園へ。朝から何も食べさせていないので、おおきいのはしないと思ったが、おしっこだけさせて帰ることに。聖はきちんと両方済ませた。あ、聖もお迎えに行ったのです。

 公園でだっこからおろされたぷりんは、なんとよたよたとふらつく始末。あれ?まだ麻酔が効いているのか?と心配になり、公園内の坂から落ちると悪いのでリードをつけた。

 するとどうだ。

 リードをつけたとたんに、走り出すやつがいる・・・・。「あんた、ママをだましたな」とは女房殿の一言。

 いやはや、犬も9年をすぎると知恵がつくのだろうね。ま、何はともあれ、心配事が一つ片づいた。

« とうとう聖(さんた)もうちに来て6年になった | トップページ | パンパカパ~ン! »

「犬」カテゴリの記事

コメント

 ゆりちん、コメントありがとう。
 我が家の場合、完全に家族なのですよ。子供がいないから。
 19日に抜糸するんだけど、年内に全部片づくとゆっくり新年を迎えられるんだよね。
 そうなることを願っておりやす。

忙しくてしているんだろうなあと思っていたら、ぷりんちゃんが大変な事になっていたなんて、びっくりです。お大事に。私の友人宅の猫ちゃんも手術受けて、ボディスーツみたいなぴっちりした腹巻きをつけて帰宅したそうです。ペットも家族同然、子供みたいなものだから、こういう時はほんと心配だよね。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109955/26099744

この記事へのトラックバック一覧です: ぷりんの手術は成功:

« とうとう聖(さんた)もうちに来て6年になった | トップページ | パンパカパ~ン! »