2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
SEO
TOMCAT SYSTEM

パソコン・インターネット

2010年7月24日 (土)

S.M.A.R.T.エラーですって!

 ネットアップ用に使っているPCは、ショップブランドだけど、実際には私の自作品。最初からHDDは2台(500+160)設置して、500をメインに、160をファイルのバックアップ用に使っていた。

 OSをXPからWin7にあげたら、挙動がおかしくなったので、XPに戻したって話は、前に書いたけど、ここにきてやっと原因が判明してきた。

 500GBのHDDそのものが、壊れる寸前だったようだ。

 つい先日、いつものようにPCを起動すると、BIOS画面からXPのウエルカム画面がでるまで、3分以上かかるようになった。これは、何かおかしいんじゃない?と色々ユティリティーを走らせエラーを修復後、再起動。

 すると500のHDDに、S.M.A.R.T.のエラーが発生している。近いうちにこのHDDはお釈迦になっちまいますぜ!とのメッセージが・・・・・実際には、そんなに長い文句は出てこないが・・・。

 こりゃいかんだろうと、あわてて500GBのHDDから必要ファイルを160に移し、160側にOSをインストール。500は電源とSATAケーブルをはずし、ただの鉄くず化してある。

 これで一安心。

 だが、この暑さだ。やはりHDDをバックアップ用にもうひとつ買っておくべきか、ちょっと悩んでいる。

2010年6月 1日 (火)

PCは結局XPに

 先日もこのブログに書いたとおり、メインで使っていたPCが不穏な動きをするようになった。

 症状はちょっと深刻で、スイッチを入れてからパスワード入力画面→デスクトップ表示まで、なんと2分以上かかるようになってしまった。つい先日まで、何秒もかからなくて軽々立ち上がっていたWin7 64bitsだが、何が理由か結局わからずじまいだが、そんな症状に陥ってしまった。Advanced System CareやらDefragやらレジストリークリーナーやら、様々なユティリティーを試してみたが、結局元の速度には戻らなかった。

 フォントの詰め込みすぎかとも思ったが、本当のところはわからずじまいだ。

 結局どうしたかっていうと、タイトルどおり、Win 7をあきらめXPに戻した次第。1つどうしても使いたいフリーソフトが、Win 7 64bitsでは、まったく動かなくて困っていたから、勿怪の幸いではあった。

 せっかく購入したWin 7がもったいないので、仕事用に新しく購入したGatewayにインストールしようかと思っている。なんせGatewayには悪評高いVista 64bitsが乗っているのでねぇ・・・。

 悪評高いといえども、今のところはきちんとすばやく動いているので文句は言えないが、ただ一つ。バッファローの無線LAN用ドライバーがないことが大問題。ルーターとは離れた部屋においているので、ネットにつなげようとすると、本体自体をよっこらしょとルーターの近くまで持ってこなければ、有線LANにつなげられない。これは面倒だ。

 バッファローのHPを見ても、64ビット用のドライバーはWin 7用しかないらしい。ちょっと仕事がひと段落着いたら、Gatewayのバージョンアップに取り掛かろう。

 その仕事といえば・・・。

 なんと素人同然の私に早くも2つも注文が入ってしまい、あたふたしている現状。もちろん注文をくれたのは身内。しかも女房殿の肉親だ。これは下手を打てない。

 ちょっと時間をもらって、きっちりした仕事をしなくては。

 いよいよ、職人の海へ乗り出す私であります。

2010年5月20日 (木)

あかん、またPCがおかしくなった

 どうしてこう、MS社のOSはちゃんと動いてくれないんだろう・・・。ま、大昔のMacOSもver.9までは大変でしたが・・・。Linuxはきちんと使い続けたことがないので、イマイチよくわからない・・・。

 話を戻して。

 一昨日あたりから、突然起動に1分近く(もしかすると1分以上?)かかるようになった、私のPC。

 CPU:Q6600
 RAM:4GB
 HDD:500GB+160GB
 OS:Win7 HP(64bits)
 M/B:ASUSのなんとか・・・忘れちまった。

 インストールした時から、色々不具合を発生させてくれたWin7だけど、いったん安定するとすごく快適だった。さすが新しいOSと思っていたら、Windows Updateがかかる都度、だんだんと遅くなる。・・・もしかするとWindows Updateがデフォルトで自動化されたのは、新しいハードウェアを買わせようとするMS社と、ハードウェアメーカーとの策略かもしれない・・・。

 ひょっとすると仕事で使うフォントの積みすぎかもしれないと思っているが、真実はどこにあるのかわからない。MacOSのようなフォントマネジャーって、窓にもあるのかしら?ちょっと探してみなくてはならんな。

2010年3月 8日 (月)

本日は新たなサイトのご紹介

なんか、嫌な感じの寒の戻りですねぇ。

今日は女房殿がお休みだったため、車が使えたので、夕方のぷりんと聖のお散歩は、車で出かけたんですが、二人とも用を足した瞬間に霙交じりの雨が・・・。

早く暖かくならないもんですかねぇ・・・。

さて本日は、新しくアップしているダイエット商品のサイトをご紹介。その名も「Tune Up Your Body!」といいます。ダイエットだけ、つまり体を痩せさせるためだけではなく、健康的に余分なものは取りましょうというコンセプトで作りこんでいく予定です。・・・まだまだ商品は少ないんですけどね。

それでも本日アップしたのは、結構優れものだと思うんですよ。

ディエッター」という、簡単に言うと錘入りのスニーカーってとこかな。履いて30分歩くと、300kcalもカロリーを消費してくれるということなんですね。

ディエッターを履いて、早く桜の下を歩きたいものですねぇ。

2010年2月 9日 (火)

つぶやくことが苦手なわたし

流行りものにはめっぽう目がない私ですが、ネット検索中に何かのついでに、twitterに登録。ほんのちょっとだけつぶやいてみました。

が、

どうにも、私のテイストに合わないようで、近頃はあまりアクセスしていません。

SNS系って、やはり、始終アクセスしていないと面白くないのかしら。

まぁ、ブログでつぶやいているのだから・・・ねぇ。

2010年1月21日 (木)

やっとPCが落ち着いた。win7導入奮闘記

 いやぁ、しばらく。ご無沙汰でしたねぇ、このブログにも。

 しっかし、悪戦苦闘した。

 マイクロソフトの言うことを、頭から信じるものじゃないよねぇ。

 とりあえず、何が起こったか記録に残しておこう。

********

 私が通常使っているPCには、Windows XP Home Edition SP3
をインストールしてあり、それをメインのOSとして使ってきた。

 そのXPに異変が生じたのが、年が改まりそろそろ本格稼動を
しようかと考えていた8日のこと。7日まではなんの異常もなく
DVDのリッピングやらサイト作成やらに活躍していたが、8日に
なって突然動作が異常になった。デスクトップ上でマウスクリック
に反応しなくなったり、何もしていないし何の命令も出していない
のにバックグラウンドで何かが動いていたり。突然あるソフトが
サービスを停止したりと、全く作業ができない状態に追い込まれた。

 これはいかん、OSを再インストールしようかなと考えていた
が、ここでふと新し物好きなB型の血が騒ぐ。

 Windows 7にバージョンアップしちゃおう、と。

 HDDは500GB+160GBなので、500に7をいれて、160にXPを入れれば
デュアルブート環境でwindowsが使え、それならまだ7に対応して
いないソフトを使う場合にも大丈夫だろうと計画。

 2GBのメモリーを4GBに上げるついでに、DSP版のwindows 7
(64ビット)を購入したしだい。それが9日。そもそも64ビット版
を購入したのが間違いだったのかもしれない。でも、DSP版だと32
ビットも64ビットも同じ価格なんだよね。そうするとメモリーが
たくさん使えるほうを選びたくなっちゃうんだなぁ、大昔、マック
のメモリー不足に泣かされてきた私としては。

 XP上でMSのWindows7移行アドバイザーをダウンロードし、インス
トール。これはマイクロソフトが、XPからのバージョンアップ組用
に無償で配布しているアプリで、今PCにインストールしてあるソフト
が7上で動くかどうかチェックしてくれる優れもの。

 いくつかのフリーソフトが動きませんぜ、旦那。でもアップグレード
が出ているのでそれをインストールしておくんなさい。と結果が
発表される。

 ふむふむ。大体ほとんどのソフトを無料版だとかフリーソフトで
まかなっている私は、最初っから、バージョンアップ版を探すか、
7に対応している類似のソフトを探すしか、手がないだろうなと
考えていたので、その結果発表には驚かない。

 そして7のDVDをPCにセットし、インストールを実行。この時点で
はXPをold windowsとしてフォルダーに残し、上から覆いかぶさった
格好になっていた。

 ということは、HDDに無駄なものが残っていることになる。

 購入したのがwindows 7 home plemium editionなので、XPモード
が走らない。ということは、old windowsとして残ったXPは役に
たたない。500GBなのでそのままほっといてもよかったのだが、
OSはなるべくクリーンインストールしたい私は、いったんXPを160の
HDDにインストールし、そこから7のインストールDVDを立ち上げ
500GBHDDのフォーマットを行い、まったく新規に7をクリーンイン
ストール。これでいいんじゃないと思っていた。

 この時点の状態では、500GBに7、160にXPが存在。つまり2~3
のPC関係のサイトに記載されていたデュアルブート環境が整った
わけだ。

 再起動してみた。

 すると本来だとブートマネジャが立ち上がり、お客さん、起動させ
るのは7ですか、それより前のwindowsですかと聞いてくるはずが、
いきなり7が立ち上がる。

 OSのインストールの順番を間違えたかなぁ。XPを入れて、次に7
なんだよなと、再度インストールを実施。

 そして再起動。

 でも駄目。

 次の手段として、500GBを480GBと20GBのパーテーションに区切り、
Ubuntu Linuxをインストールするのはどうかと考えた。このリナッ
クスには新しいブートマネジャーであるGrub2が使われているので、
これだとXPも認識してくれるのでは?と甘い期待をしたわけだ。

 そしてUbuntuをインストール。リナックスといってもUbuntuの
場合はマックやウィンドウズと何も変わらない。あっけなくイン
ストール終了。そして再起動。

 やはり7は認識してくれるものの、XPはどこにもない。結局、
XPは32ビットで7は64ビットなのが原因なのかしら、とトリプル
ブート環境をあきらめ、再度7のクリーンインストールを実行。

 それから今で使っていたソフトをインストール。そしてしばらく
何の問題もなくPCは稼動。XP→7だと、何かと変更されているので
しばらくはあっちをクリック、こっちを設定と、新し物好きな
B型を満足させてくれていた。

 しかし、突然、7のデスクトップが反応しなくなる。これが19日
のこと。

 マイコンピュータを見るとなんと、残り450GBはあるはずの
Cディスクが残ゼロになっている。

 え。なんで?

 ここでXPが起動するといいんだけど、デュアルブート環境を
あきらめた私には手がない。

 そこで何がHDDを埋め尽くしているのか、捜査することに。

 するとユーザーフォルダーの下のほうにある、tempフォルダが
一杯になっていることを発見。一時ファイルの保管庫なら、
中身を消しても大丈夫だろうと、一気に削除。

 容量がある程度戻ったところで、win7 一時ファイル肥大などと
ググる。

 しかし、これといって7に関しては問題が報告されていない。

 ウィルスか?と駆除ソフトを動かしても、何もない。

 おかしいなぁと再度7のクリーンインストールを実行。そして
使用ソフトをインストール。この段階では当然ながら、Cディスクの
容量異常は起きない。

 そこで一時ファイルの名前をもとに、ググる。

 すると、出てきた。一時ファイルの名前そのものがヒットしたわけ
ではないが、ライティングソフトであるNEROを使っている人から
の一時ファイル異常報告だ(彼が使っていたOSはXP)。NeroScout
というサービスを止めたら、異常は起きなくなったとのこと。

 そこでNeroのサイトに飛ぶ。

 するとどうだ。Neroは最新版のしかもパッケージ版しか、7に対応
していないとのこと。それより前のものをもっている人は、7に
インストールしないでね、なんて書いてある。間違ってインストール
した人は、アンインストールできないから、こちらのソフトを
ダウンロードしてちょうだい、なんてアプリも公開している。

 これだ、原因は。

 もしかしたら、前に使っていたXPの異常現象も、こいつが原因だ
ったのかもしれない。

 そこで、アンインストールするためのアプリをダウンロードし、
実行。すると、なぜか7そのものの動作が不安定になり、挙動が
おかしくなる。

 あー、メンドクセーと。再度(何回目かの)クリーンインストール
を実行。そしてNero以外のソフトを導入。それが昨日20日のこと。

 今は、やっと快適に動作中だ。

 大体マイクロソフトが公開している、アドバイサリーソフトが、
7にしても問題ねぇって、いったんじゃねぇか!プンプン!と
腹を立ててみても、時間が戻るわけではないので、どうしょうも
ない。そうは言っても、ねぇ。もうちょっとどうにかならなかった
ものですかねぇ、マイクロソフトさん!

 ま、ここでの教訓は、販売元の言うことを鵜呑みにしてはいかん
ということですよ。色々、自分で調べてみないとね。

 とりあえず、今は快適に動作しているので、e-taxソフトや、
DVDへのライティングソフトやらは、7に対応した時点でインストール
するか、別のものを探すかしたいと思う。

 しかし、本気でマックに戻ろうかなぁと考えている、私でした。

2010年1月 8日 (金)

グーグルの日本語IMEに致命的な欠点を発見!

このココログにも昨年12月4日付けで、PCの日本語IMEをそれまでの
ms-imeからグーグル日本語入力に変更した旨を書いた。

その後ローカルでは快適に動作していたものの、若干、このIMEは
やっぱアホ?との感じは拭いきれないままだった。ま、ベータ版だ
から仕方ない。

それが本日、たまたま大きな欠点を発見。

私が使っているウィルスソフトはBBIQが会員用に無料で配布してい
るマカフィーのものだ。毎週金曜日には、自動でスキャンが走る。

スキャンが走っている最中は(今もそうだが)、ネット関係の動作
がむちゃくちゃ重くなるものの、それ以外はちゃんと使えるため、
普通に作業をしていた。

そしてブラウザ上で、直接ブログに書き込もうとして、日本語が
入力できないことに気づく。

英語から日本語に切り替えようとしたら、「サーバーが反応しま
せん」などというメッセが突如として顔を出したりした。

こりゃ、あかんやろ。

ウィルスソフトが走ってると、日本語が使えないなんてIMEは聞いた
ことがない。

このまま使うとすると、ウィルス駆除ソフトのスキャン中は、
ローカルではグーグルIME、ウエッブではms-imeなどという、ふざけた
ねじれ現象が生じることになる。

これは不便だ。

仕方ないので、元のms-imeに戻すことにしよう。こりゃ、本格的に
ATOKに戻したほうがよさそうかな?

2009年12月 4日 (金)

とうとうGoogleにIMEが登場

ひっそりと公開していたらしいが、Googleに日本語IME(ベータ版)が登場している。

以前から、マックとウィンドウズを併用していた私は、マックとPCでIMEが異なるのが嫌で、ずっとATOKを使用していた。近ごろは、ほとんどPCしか使用しないため、IMEを標準のMS-IMEに戻して利用している(ま、MSのIMEがどれほどの実力があるのか知りたかったこともある)。

そして、ほとほとMS-IMEの変換ミスにあきれ果てた私は、そろそろ新しいIMEを購入しようかなぁと考えていた。

MS-IMEにしろ「ことえり」にしろ、やはり1バイト圏で考えられたIMEには、無理があるよね、というのがいつもの感想。

ところがどうだ。

いつの間にやら、GoogleがIMEを開発しているとな。それも無料で・・・。とりあえずベータ版らしいのだが、語彙はとてつもないものがあるらしいので、お試しでインストールして、今この文章を書いている。

感想としては、ケータイの漢字変換のように、ある程度平仮名を入力すると、そこに変換候補が現れるというのが、私にはとても新しい。何度も書くが、ベータ版なので機能はある程度絞られるらしいのだが、ここまで入力した限りでは、変換ミスもかなり出ている。

ま、どれだけ学習能力があるのかは、これからだから、しばらくこちらを使ってみようと思う。ウィンドウズ用とマック用があるらしいので、興味のある方は、こちらからどうぞ

2009年11月 4日 (水)

原因はまったく違うところに・・・PCの不具合から復旧!

何度もトラブっている、私のデスクトップPC。

昨夜も、windowsの起動途中にブルースクリーンが現れ、強制終了。再起動がかかるが、今度はBIOSが走らず。

いったん電源を完全に落とし、再度起動をかけてみるが、今度はうんともすんとも言わない。

困った。

昨夜は、既におねむモードに入っていたため、リカバリーをあきらめ就寝。

今朝になって、再度スイッチオン!しかし、まったくうんともすんとも言わないのは昨夜と同じ。今回はBIOSまで届かない状態。

今週は本格的に仕事をするべと思っていたが、PCが動かないことには何もできないので、早速修理に取り掛かる。

とりあえず筐体を開け、バックアップ電池を外してPRAMをクリア。これで起動するかどうか試す。前回はここから立ち上がったため、BIOSのアップデートをかけたら、無事に動くようになった。

しか~し!

今回はまったく動かない。

さぁ~て、どうする。M/Bを交換するしか手がないか?

とりあえず前回調べた内容の、バックアップ電池を交換して試してみることにした。しかしおニューのリチウム電池で試しても、何事も起こらない。

ここでふと、ネットで再度情報収集をすることに。

まずはM/Bのメーカー(ASUS)のサイトに飛び、同じ症状が同じM/Bで出てないか探す。しかし、メーカーサイトには無いようだ。

そこで価格.comサイトに飛ぶ。

このサイトは商品の価格を調べるのに最適だが、PCパーツなどの口コミ情報を調べるのにも重宝する。今回は調べる内容は口コミ掲示板に、同じエラーが出てないかどうかだ。

すると、同様の症状で苦労している人の回答に、素の状態で起動してBIOSが走るかどうかテストすると、原因の特定になるという書き込みを発見。この情報は多くの人が書き込んでいるので、かなり信憑性が高いと判断。実行してみることにした。

筐体を開け、DVDドライブ、2台のHDDの電源ケーブルを外し電源スイッチオン。しかしこれではBIOSが動かない。そこで、3枚刺しのメモリーのうち、一番最新につけた一枚を外してみることに。上記の口コミ掲示板ではメモリーを一枚刺しの状態でテストしろとあったが、2枚外すとあとが面倒だなと思い、購入当初の状態にすることにした。

すると、どうだ。

起動画面が立ち上がり、BIOSが走るではありませんか!

当然昨夜PRAMをクリアしたままなので、まったく素の状態にあるBIOSを眺めることができた!これはしめたもの!!

BIOSのセットアップを行いいったん電源オフ。ケーブルを元に戻し筐体を閉め、再度電源投入!

立ち上がるではありませんか!私のデスクトップ!

しかし、油断は禁物。

windowsが立ち上がったとしても、デスクトップ画面でさまざまなサービスが走り出してから落ちることもしばしばだったため、もう少し様子を見ることに。

それでもwindowsは走っている!

よかったぁ~~。原因は一番最新につけたメモリーだったんですねぇ。もう少しでM/B交換するところだったぁ。今回の無駄な出費はリチウム電池1ヶだけで終わってたすかった~。ふう。

教訓:メモリーはやはり信頼できるメーカーにしたほうが無難ですよ、皆さん。

2009年10月22日 (木)

またトラブったPC~今度はBIOS Checksum Badってさ~

突然ブルースクリーンが出て勝手に落ちるようになった私のPC。

またかよ、って思いながら何度も再起動をかけてみる。するとしばらくは使えるものだから放っておいた。・・・のがマズかった。

windows上から突然落ちたと思ったら、再起動がかかる。日ごろはこれでOKなんだけど、どうも様子がおかしい。

BIOSが走りかけては、落ち、走りかけては、落ちを繰り返している。不可解なループ現象(ちなみに私にははじめての経験)だ。

何度か主電源を落とし、起動をかけると、POST中のメッセージが出現!何々、「BIOS CHECKSUM BAD」とな!!

何ですか、それは?

迷わずググる。

すると色々な情報が出てきたが、ズバッとまとめちゃうと、バックアップ用の電池(マザーボードについているやつ)が悪いか、BIOSそのものが壊れているか、どちらからしい。

とりあえず、電池まではずしてCMOSをクリアしてみた。

しかし、症状は変わらず。やはり起動時点でループし、まったく立ち上がらない。

何度かの起動トライ後、うまく立ち上がったのをこれ幸いと、PCのマザーボード(ASUS製)のHPに飛び、BIOSやら関連ユーティリティやらアップデートできるものは、すべてダウンロードを実施。その後BIOSやその他のドライバーやらユティリティーやらなんやらかんやらを順番にアップデート。

するとどうだ。

うまく動いてくれちゃうじゃ、ありませんか。

なんでまた突然BIOSがいかれちゃうのか、まったく理由はわからないものの、うまく動けばそれでいいので、しばらくはこれで様子を見ることにした。

所要時間:2時間=これをもったいない無駄な時間とみるか、そんな短い時間で復旧できたらええやんとみるか。ま、ええやんとみることにしよう。

しかし、性能はいいマシンなんだから、トラブらないで欲しいよねぇ。

より以前の記事一覧