2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
SEO
TOMCAT SYSTEM

開店準備

2010年7月 6日 (火)

暑い毎日ですなぁ

 本当は既に開店しているはずの我が工房。

 本当は開店してるんですよ、はい。

 しかし、大幅に遅れているホームページ開設。現在、鋭意作成しておりますので、しばし、お待ちのほどを・・・。

 て、言うのも。

 まだまだいろいろな素材を使って、お試し品作成中なんですよ。その中のひとつで割りと時間がかかっているのが、フォントの決定。

 調べてみるとネット上でも、様々な無料フォントがあり、それも結構いい感じのフォントで、どれも捨てがたいんですなぁ。

 明朝体ならこれ、ゴシック体ならこれ、丸文字系はこれ、手書き風はこれといったん決めて、何種類かの大きさで文章を作り、レジストを使ったり樹脂を使ったりしてフィルムを作り、実際に彫れるかどうかテスト。

 こういう地道な作業を繰り返し、使えるフォントとかっこいいけど使えないフォントなどを選別しているんですねぇ。

 これが、結構な時間をとります。はい。

 途中、甥っ子が結婚するということで、ウエルカムボードとフォトフレームを作ってあげて、プレゼントすることに。

Glassboard2
 これは色紙大のガラスタイプのウエルカムボード。

 実際にプレゼントしたのは、別デザインの鏡のタイプ。
Mirrorboard2

 実際に見せると、「お、すげぇ~」と喜んでくれましたよ。

 これからもいろいろ作っては、アップしていこうと思います。こちらのブログで先にアップしておき、それからホームページにという流れにしていこうかな。

 では、また。

2010年6月 3日 (木)

工房日記(6月2日+3日)

 「ガラスエッチングアート工房 Atelier Prince」の開店準備状況を、映画スタートレックの船長が書く航海日誌のように、工房日記というタイトルで書き進めたい。

 昨日、そう気がついて、工房のPCで下記内容を書いてはいたが、ちょっと疲れ果ててしまって、webにアップできなかったので、本日一日遅れのアップとなります。

・・・・

6月2日

 やっとレジストフィルムによるマスクの作り方がわかってきた。

 ポイントをまとめておこう。
 1) 原稿の線そのものが細すぎはしないか。
 2) きちんと黒100%で印刷できているか。PCディスプレイ上では黒色に見えても、印刷してみると若干グレーのような印刷になっているケースがあるので、注意が必要だ。
 3) レジストフィルムを適切な大きさに切ること。大きすぎると素材に貼り付ける際とても苦労することになる。
 4) 製版済みのマスクを洗い流す際、細かい部分や細い部分まできちんと洗えているか注意すること。ただし、水につけすぎるとふやけて大事な部分まで洗い流れてしまうので、速度には注意が必要だ。今まではこの洗い方に問題があったようだ。

 マスクつくりにやっと光明が見えてきたので、明日(6月3日)は午前中に再度テストを行ったうえで、本番に入るつもり。

 それがうまくいったら、課題の2番目(でも実はこちらが本当は課題の1番目)の段彫りに取り掛かることになる。これもかなり練習しないと上手くはいかない予感だ。

 そして次にHP作りをしなければならない。とりあえず最初のうちは、本部素材を使わせてもらおう。そしてゼクシィネットに登録だ。

・・・・

6月3日

 今日は本チャン!なんて昨日書いてはいるが、午後から買い物に出かける予定になったので、本チャンは明日に延期だ。

 開店前の課題は、1)図案をしていされた段彫りと、2)デザインはこちらが勝手に考えていいフォトフレーム。とりあえずレジストフィルムの取り扱いが何とかなってきたので、はがき大の大きさのフォトフレーム用デザインを作成中。ちょうど7月に甥っ子(23歳)ができちゃった婚をするので、お祝い用にちょうどいいと思っている。試し彫りをしたらちょうどいい感じにあがったので、いよいよ明日本チャンだ。

2010年5月18日 (火)

まだまだ買出しが続く

 明日の水曜日、午前中に作業台代わりの事務デスクが配達される予定になっていて、それが納入されると、残りの大物は、その台に合わせる形で購入しなければならない、コンパネとそれに巻きつけるパンチカーペットだ。とはいえ、それは形の上で大きなもの。金額的に大きなものはレーザープリンターだ。

 昨今はレーザープリンターも安くなったもので、A3対応白黒タイプなら、8万円台で購入できるらしい。これがいくらまで下がるか、金曜日にその営業マンと会うことになっている。レーザープリンターがないと、原稿が作れないから購入しなければしょうがない。

 それが納入されても、まだカッティングシートやら、エタノールやら、スプレーボトルやらなんやら、細々としたものが必要で、一人で動いているからとても大変だ。

 近所のホームセンターの1箇所で全部揃えばいいのに、あれはこっちが安い、これはこっちだ、なんて動くから、時間がかかってしかたない。それに、探している商品そのものがない場合がある。こちらには、「東急ハンズ」なんていう便利なショップがないから、いきおいホームセンターをはしごしなければならない。

 ふぅ。

 それでもレーザープリンター以外は、今週末ぐらいに揃いそうだから、機材の試験運転をかねてお試し彫りをしてみようかと考えている。本部から出された宿題を作成し、パスをもらわないと、基本的には開業できないというルールだから、どんどん練習をしなければならない。

 商品にする素材は、本部やら本部が提携しているガラス屋さんやらから購入しないとならないが、練習なら、そのへんの石ころでもいいし、ガラスビンを調達してきてもいい。

 ということは、またぞろ、ホームセンター通いが必要か(汗)。

2010年5月16日 (日)

大阪まで研修に行ってきた

 歳をとると、疲れが抜けるのも遅くて困ってしまうよね・・・。

 8日に無事に50歳の大台に乗った私は、13、14日の両日、大阪の本部にてガラスアート(サンドブラスト工法)の研修を受けてきた。今日はその顛末を軽くまとめておく。

 13日、朝5時起きで、リムジンバスを使って空港へ。4月末にホバークラフトが無くなって、空港へのアクセスがちょっと不便になった。9:15発のJACで大阪伊丹空港に向かったわけだが、これがなんとボンバルディアのプロペラ機。少し前に同じJACで大阪に向かったときは、ジェットだった気がするが、会社更生法適用会社のつらいところか?

 しかし、あのボンバルディアだから、運命はパイロットに預けるしかない。

 と、覚悟を決めたときには、すでに伊丹に到着。正味1時間しかかからないフライトだから、案外プロペラ機で間に合うのかもしれない。バスでなんばへ。

 20代中盤には、時々東京からの出張で訪れていた大阪だが、来ても精々中津まで。なんばまで行ったのは初めてだった。

 バス停から歩いて本部へ。歩き出してすぐに反対向きに歩いている気がして、御堂筋に戻る。そのまま直進していると大丸デパート発見。やはり反対向きに歩いていたわけだ。心斎橋を右折して本部へ。早足で20分近く歩いたものだから、汗をかいてしまった。

 本部に着いたのが11時ちょっとすぎ。技術部の部長さんがついてくれて、早速研修が始まる。詳細を書くわけにはいかないが、色々考えてあるんですねぇ、これが。・・・しかし、これが私に作れるんだろうかと一人心配していると、慣れだから、練習あるのみとのこと。それもそうか。今この本部に所属している工房は東京、大阪にそれぞれ50軒ずつあるらしいが、皆さん最初から上手かったわけではないらしい。ひたすら練習すべし!

 ところが、慣れない作業だし、けっこう神経を使わなければいけないので、初日はめっちゃ疲れました。足なんかパンパンだったよ。

 2日目は、パソコンを使った写真を転写する方法などを研修。私がこの本部と契約しようと考えた直接の理由は、写真を彫れるということなので、けっこう真剣にやってみた。しかし、これも上手くいかない。いやぁ、個人的には前途多難ですな。

 2日間で作った練習作品は、送ってくれるとのことなので、私の工房の目のつくところにおいて、最初は困難だったんだよなと、しみじみ振り返られるようにしたい。最初はこんなんだったけど、最後まで駄目だったなってならないようにしないとね(汗)。

 帰りもやはりプロペラ機。でも無事に着きました。

 心斎橋からなんばに向かう途中、アップルショップがあったんだけど、今回は行きも帰りも寄らなかった。時間に追われていたこともあるし、めちゃくちゃ疲れていたので、その気にもなれなかったということもある。

 どうせ1台パソコンが必要なので、今回はマックにして、ブートキャンプでウィンドウズも動かせるようにすれば問題ないかなと思っていたけど、アップルショップに寄れないということは、今回は違うということなのかなぁ。

 と、思っていた本日。パソコン工房に行ってみようと家を出たが、出る時間が早すぎてまだ開店していない。仕方ないので、家電類や延長コードなどを買わなくてはいけないこともあり、ケーズにでも行ってみょうと足を伸ばす。

 そしたら、なんとあるんですよね。在庫処分品が格安で。今、この文章を打っているマシンはCore2Quadのメモリー4ギガ、HDDは500+160なんだけど、同じCPUとメモリーでHDDが750のPCがなんと5万円台。え~ってかんじ。ディスプレーを23インチにしたけど、それでも8万円台。今使っているのが全部で13万円台だったのを考えると、PCも安くなったということですなぁ。

 そして夕方、作業台替わりにするデスクをリサイクルショップで購入。これまた3つで1万円という破格値。どうせ上にパンチカーペットでくるんだコンパネをおかなければならないので、リサイクル品で十分なんですな。

 徐々に体制を整えつつある我が工房「Atelier Prince」。もう少しだね。

2010年5月 6日 (木)

買出し準備

 大きな機材は、大阪本部から10日に届くようになっているが、もちろんそれだけでは工房運営ができないため、色々とコザコザとしたものを購入しないといけない。例えば机やイスなど。

 昨日は日常品などの価格を見ておこうと思って、炎天下の中ご近所の量販店を3軒ほどはしごした。

 自分ではあまり見ないもの、例えば洗濯ばさみや洗濯ロープ、洋裁用のはさみだとか等は、行き慣れた量販店であっても、いったいどこにあるものなのやらさっぱりわからないため、とてつもなく時間がかかる。

 それにしても店によって、どうしてこうも価格がまちまちなのか(もちろん、仕入先やロットによって同じ商品でも原価が違うからというのは、理屈ではわかっている)。

 時々女房殿の買い物に付き合って運転手を名乗り出ると、1つの店で全部済ませればよさそうなものなのに、次はどこ、その次はどこと、色々回る意味がやっとわかった次第。やはり主婦の智恵は偉大だ。

 それが昨日。3店舗回るのに2時間以上かかって、おまけに炎天下。めちゃくちゃ疲れてしまった。

 そして本日は、別途パソコンやスキャナー、レーザープリンターなども必要なので、それもネットショップで価格を確かめたり、実際に店に出向いてキーボードタッチを確認したりしていた。

 しかし、昨今はパソコンも安くなったものだ。

 まともなスペックのノートパソコンが、8万円台で買える。私のPowerBook G4/400が30万近くしたのを思うと・・・安いよねぇ。

 PCはなるべく10万以下にしようと考えているので、ちょっとスペックをおとして、それでも大きなディスプレーのほうがいいので、デスクトップにしようかなぁ。持ち運びはできないけど、今これを打っているPCはそのままプライベートで使うので、全く問題はないだろう。

 しばらくは、開店準備に忙しい日々が続きそうだ。